感染症が引き起こされる感染経路について

ウィルス

ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入し、そこで増殖することで発熱や咳と言った症状が出るのが感染症です。
そして感染経路とは、病原体であるウイルスや細菌が人に感染する経路のことを言います。
感染症によってこの感染経路は異なります。
代表的な感染経路としては三種類、挙げることができます。

まずは接触感染です。
これは、病原体が付着している手が感染経路となるものです。
その手に触れることで感染したり、その手が触れたもの、たとえばドアノブや食品などに触れることで感染してしまいます。
この感染経路を絶つには、とにかく手指を清潔に保つこと、また感染症が流行している場合には、むやみやたらに、不特定多数の人が触れいるものに触れないことが挙げられます。
この感染経路で拡がる感染症としては、ノロウイルスを代表的なものとして挙げることができます。

次は飛沫感染です。
これで拡がる感染症の代表格は、インフルエンザです。
これは、咳やくしゃみ、またお喋りの際に飛び出す飛沫唾液が病原体を拡散すると言う経路です。
空気が乾燥していると、飛沫は空中に浮遊し続けやすいため、特にその時期にはインフルエンザが大流行すると言う具合です。
この感染経路を絶つためには、空気に湿度を与えること、また浮遊している飛沫を吸い込まないようマスクをすることなどが有効です。

そして最後は空気感染です。
この感染経路を持つものとしては結核の原因である結核菌が挙げられます。
飛沫感染の際よりも更に小さな飛沫が、空中に浮遊し感染が拡大してしまうのがこの経路です。
空気の流れによってはあっという間に感染が拡大してしまうおそれもあります。
やはり空気を感染させないことが有効対策です。
この他にも、胎内や産道、母乳によって感染症が子供にうつってしまう母子感染、注射や外傷時の出血が粘膜に触れることで感染症がうつる血液感染などが感染経路としては挙げられます。

サイト内検索
人気記事一覧
2
多様な薬と薬のケース
3
ウィルス

感染症が引き起こされる感染経路について

2019年05月31日

(257 Views)