クラミジア感染症と水俣病について

クラミジア感染症は定期的な検査をすることが有効であるとされていて、一般的に自覚症状が出ない割合が多いので、女性の場合は80%以上が無症状なのでクラミジアの保菌者であるにもかかわらず気が付かないまま感染症を広げています。
クラミジア感染症は症状があっても非常に軽いので気が付きにくいのが特徴で、女性の場合は軽い生理痛のような痛みや不性器出血などがありますが、男性は尿道に痒みがある程度なので性病科を受診しないまま治癒してしまうこともあります。
クラミジアに感染した場合はジスロマックといった抗生物質を服用して治療します。
ネットの通販サイトでジスロマックを購入することもできるため、感染してしまった場合はすぐに入手することをオススメします。
水俣病は公害病に認定されていますが、現在でも患者として認定されていない人が数多くいるので裁判などで争われています。
工場排水に含まれていたメチル水銀が原因なので新掲載病が障害を受けて手足がしびれたりするなどの症状が出ています。
水俣病の原因となる水銀を体内に取り込んでいる魚を食べることでこの病気になった人が数多くいるので、世界的にも水俣病は有名になり、公害病の代表例として環境保全の大切さを世界に発信しています。

クラミジアによる感染症は女性の場合は子宮から肝臓まで感染が進むこともあるので、重篤な症状が出る場合には入院治療が必要になります。
また子宮内膜炎や卵管炎にもなるので不妊症になる可能性が高くなります。
男性の場合は尿道から細菌が排出されるので、尿道炎しか起こらない場合が多いのですが、陰嚢までクラミジア感染症が進行すると健康な精子が少なくなるので不妊症になることがあります。
クラミジアは自治体でも定期検査を行っていて、無料でカウンセリングなどを受けることもできるので、不特定多数のパートナーとのセックスをしている女性は積極的に利用をすると感染を未然に防ぐことができます。